MAINT BOOK LOGO 1MAINT BOOK LOGO 2

トヨタ ヴィッツ 1.3・2WD・F セーフティエディションⅢ・CVT(2019.10~2020.03) のエンジンオイル - MAINT BOOK JP

MaintBook

トヨタ

ヴィッツ

トヨタ ヴィッツ 1.3・2WD・F セーフティエディションⅢ・CVT 【2019年(平成31/令和元年)10月~2020年(令和2年)03月】の

トヨタ ヴィッツ NSP130

2019年(平成31/令和元年)10月~2020年(令和2年)03月に販売(発売)のトヨタ ヴィッツ 【DBA-NSP130】1.3・2WD・F セーフティエディションⅢ・CVT エンジンオイルは、SMグレードの「0W-16」というエンジンオイルを使用しています。エンジンオイルのみ交換の場合のオイル量(油量)は、3.6リットル使用します。エンジンエレメント(オイルフィルター)も同時に交換する場合のオイル量(油量)は、3.8リットルです。

ヴィッツ 1.3・2WD・F セーフティエディションⅢ・CVT のエンジンオイルとオイル量
エンジンオイル オイル量①
(オイルのみ交換時)
オイル量②
(オイル+フィルター交換時)
備 考
0W-16-SM 3.6リットル 3.8リットル
  • エンジンオイルに関する情報は、当サイト独自に調査したものを掲載しており、正確な情報を提供するべく努めておりますが、稀に誤った情報が掲載されてしまっている場合もあります。
  • エンジンオイル交換時のオイルの油量については、交換時必ず、レベルゲージにて、適正な油量になっているか?ご確認下さい。
  • 当サイトの情報に基づく如何なる不利益も、その情報の適性の不適正に関わらず、当サイトは、一切の責任を負いかねます。利用者個人の責任で参考情報としてご活用下さい。
  • トヨタ ヴィッツ 1.3・2WD・F セーフティエディションⅢ・CVT 【2019年(平成31/令和元年)10月~2020年(令和2年)03月】のエンジンオイルフィルター

    2019年(平成31/令和元年)10月~2020年(令和2年)03月に販売(発売)のトヨタ ヴィッツ 【DBA-NSP130】1.3・2WD・F セーフティエディションⅢ・CVT エンジン オイル フィルター ( エレメント ) は、「04152-40060 」という品番のエンジン オイル フィルター ( エレメント )を使用しています。

    ヴィッツ 1.3・2WD・F セーフティエディションⅢ・CVT のエンジンオイルフィルター(エレメント)
    エンジンオイルフィルター(エレメント)純正品番 備 考
    04152-40060
    上記のエンジンオイルフィルター(エレメント)の純正品番にて、Amazon、楽天、Yahoo等のECサイトにて検索ができるかと思います。
  • エンジンオイルフィルター(エレメント)に関する情報は、当サイト独自に調査したものを掲載しており、正確な情報を提供するべく努めておりますが、稀に誤った情報が掲載されてしまっている場合もあります。
  • 同一メーカーの他の純正品番のエンジンオイルフィルターや他のメーカーのエンジンオイルフィルターでも多数、適合する場合(製品)がありますので、上記の純正品番を基準に適合確認して下さい。
  • エンジンオイルフィルターの購入については、必ず、購入店舗にて、該当車両の適合をご確認の上、ご購入下さい。
  • 当サイトの情報に基づく如何なる不利益も、その情報の適性の不適正に関わらず、当サイトは、一切の責任を負いかねます。利用者個人の責任で参考情報としてご活用下さい。
  • トヨタ ヴィッツ 1.3・2WD・F セーフティエディションⅢ・CVT 【2019年(平成31/令和元年)10月~2020年(令和2年)03月】のエンジンオイルの粘度規格

    2019年(平成31/令和元年)10月~2020年(令和2年)03月に販売(発売)のヴィッツ 1.3・2WD・F セーフティエディションⅢ・CVT に使用(推奨)されているエンジンオイルの数字やアルファベットで示されるオイル粘度規格の簡単な解説です。SAE粘度規格の前半「●W」部分は、ウインターグレード呼ばれ、耐寒性能を表し、数字が小さいほど、低い外気温でも基準のオイル粘度(柔らかさ)を保ち高性能ということになります。後半の数字は、サマーグレードと呼ばれ、高温時のオイル粘度を表しています。数字が大きいほど、高温でも硬い粘度を保つことができ、高回転域でも充分に性能を発揮する高性能なエンジンオイルということになります。しかし、オイル粘度が高いため、回転時の抵抗となり燃費は下がるので低燃費型エンジンでは、粘度の低いオイルを使用(推奨)する傾向があります。

    SAE粘度規格「0W-16」の場合、ウインターグレードは、「0W」で低温クランキング(ピストンの上下動が可能な)の温度が「-35℃」、低温ポンピング(オイルパンからオイルをポンピング可能な)の温度が「-40℃」という意味で、「16」の部分は、サマーグレードと呼ばれ、この場合100℃での動粘度は、6.1㎟以上8.2㎟未満、150℃での高温高剪断粘度が2.3mPa・sというエンジンオイルの規格です。

    SAE粘度「0W-16」のSAEオイル規格基準値
    低温クランキング粘度(CSS) 6200mPa・s以下(-35℃)
    低温ポンピング粘度(MRV) 60000mPa・s以下(-40℃)
    動粘度(100℃) 6.1㎟以上8.2㎟未満
    高温高剪断(HTHS)粘度(150℃,106s-1) 2.3mPa・s

    トヨタ ヴィッツ 1.3・2WD・F セーフティエディションⅢ・CVT 【2019年(平成31/令和元年)10月~2020年(令和2年)03月】のエンジンオイルの品質規格

    2019年(平成31/令和元年)10月~2020年(令和2年)03月に販売(発売)のヴィッツ 1.3・2WD・F セーフティエディションⅢ・CVT に使用(推奨)されているエンジンオイルの品質グレードとその基準についての簡単な解説です。品質グレードは、最も一般的なAPI規格やILSAC規格、日本独自のJASO規格があり、アルファベットや数字で表示されています。

    このヴィッツに使用(推奨)されているエンジンオイルの品質グレードは「SM」で、「SM」は、APIの品質規格です。

    オイルの品質グレードと品質基準
    グレード 品質規格 品質基準など
    SM API 2004年型以降のガソリンエンジン車に適応。それ以前のSLの性能よりも、省燃費性能の向上、有害な排気ガスの低減、オイルの耐久性を向上させた環境対策を重視したエンジンオイルでこの規格より劣化オイルの低温粘度試験が追加されている。ILSAC/GF-4等の規格にも対応するオイル規格。
    基本情報
    このページの車両の基本情報です。
    車両型式:DBA-NSP130
    メーカー:トヨタ
    車種名:ヴィッツ
    仕様・グレード等:1.3・2WD・F セーフティエディションⅢ・CVT
    販売期間:2019年(平成31/令和元年)10月~2020年(令和2年)03月
    乗車定員:5 名
    総排気量:1329 cc
    使用燃料:レギュラーガソリン


    二次元コード
    二次元コード

    Maint Book Jp のURL を 二次元コード化したものです。QRコードのクリックでメール送信も可能です。

    エンジン諸元
    このページの車両に搭載されているエンジンの諸元です。
    エンジン型式1NR-FKE
    エンジンの種類直列4気筒DOHC
    総排気量1329 cc
    最高出力73 kw(99 PS)/6000 r.p.m
    最大トルク121 N・m(12.3 kgf・m)/4400 r.p.m
    シリンダーサイズ72.5*80.5 mm
    圧縮比13.5
    燃料供給装置EFI
    使用燃料レギュラーガソリン
    燃料タンク容量42 リットル

    トヨタ ヴィッツ 1.3・2WD・F セーフティエディションⅢ・CVTの同年式の年式別エンジンオイルのページ

    このページのトヨタ ヴィッツ 1.3・2WD・F セーフティエディションⅢ・CVT(2019年(平成31/令和元年)10月~2020年(令和2年)03月)と同じ年式の年式別エンジンオイルのページのリンク。


    2019年式 ヴィッツ のエンジンオイル


    2020年式 ヴィッツ のエンジンオイル


    その他のエンジンオイル関連ページ

    エンジンオイルに関連する解説ページ。


    ご利用の注意


    問い合わせフォーム


    リンクについて